亜鉛と相性の悪い成分を排除

亜鉛と相性の悪い成分を排除

亜鉛と相性の悪い成分はいくつかあり、これらと亜鉛を一緒に摂取しても吸収率は落ちるばかりです。どのような成分がこれに該当するのか、注意しておきたいところですよね。
・フィチン酸
大豆に含まれる成分です。大豆製品は栄養価が高く、積極的に摂取したいので同時摂取しない工夫をしましょう。
・ポリリン酸
インスタント食品などに含まれる成分です。インスタント食品そのものが身体にはよくありません。減らす努力をし、同時摂取をしないようにしましょう。
・カルシウム
カルシウムそのものは必要な成分ですから、同時摂取しないようにしてカルシウムも不足しないようにしましょう。
・食物繊維
亜鉛を体外に排出する作用があると言われています。しかし、食物繊維そのものは身体には必要です。上手に食事に取り入れましょう。
・鉄
貧血の人には欠かせない成分です。レバーや海藻類に多く含まれているので、摂取する際は亜鉛と被らないようにしましょう。
・葉酸
妊婦さんには必要と言われている葉酸ですが、亜鉛と同時に摂取することは望ましくないとされています。1日115mgまでにしておけば問題ないと言われています。しかし、葉酸そのものは身体に必要な成分です。亜鉛のサプリメントとは同時に摂取しないということを守るようにしましょう。
・タンニン
お茶やワインなどの渋みのもととされているタンニンです。お茶で亜鉛のサプリメントを摂取するということが無いようしましょう。
・アルコール

アルコールの分解には亜鉛を大量消費されますし、同時に摂取すると相性も悪いようです。アルコールを飲むというのは多くは夜ということになりますから、朝か昼に亜鉛を摂取するようにすれば問題ないでしょう。