必見!精液増やす@効果の高い方法教えます

精液の量が多いのか?少ないのか?

男性なら、精液のことについてはやっぱり関心が高いはず。
自分の精液の量が、多いのか少ないのかについても、できれば多い方が男としてはいいんじゃないの?とか、子どもが欲しいので多い方がよさそうというように考えているものなんです。

 

しかし、実際のところは精液の量って、1回の射精でどのくらい出るのか知っていますか?
とあるネット情報で1回の射精で10mlというような記事を見て凹んだという人もいるようですが、ご安心下さい。

こんなに出ません、普通は。もしかすると、出るという人もいるかもしれません。しかし、一般的にはこんなに出ません。
というと、一体どのくらいが普通なのか?ということになりますが、1回あたりは2ml〜5mlくらいだそうです。
これを聞いて、ほっとしたという人が大部分でしょう。

 

なんとなく、多く出ている方が安心感があるかもしれませんね。確かに、多ければそれだけ精子もたくさんいるでしょうから、妊娠させやすくなる気はします。
1mlの中に、6000万〜1億の精子がいると言われていますから、精液の量が増えれば確かに全体的な精子の量は増えるでしょう。
この精液の量や精子の量も、若いときの方が多く、年齢を重ねると減少するということが言われています。

 

 

男性不妊サプリってなに? 

精液の量を増やすには亜鉛

それでは、若いときのように精液の量が多く、精子の量が多いという状態にするには何かできることはあるのでしょうか。
男性は女性と違って、何歳でも子どもを作れるとはいえ、それでもやはり若いときと比べると生殖能力的なものは減少してしまいます。

 

若いカップルにできちゃった結婚が多く、年齢が上昇すると減るのも妊娠率に関係しているのです。
精液の量を増やすには、実は亜鉛を多く摂取するとよいと言われています。
亜鉛というのは、ミネラルの一種で私たちの身体のあらゆる箇所で必要とされる成分です。
特に、性ホルモンの要素が高いのです。

 

男性の精巣と前立腺には亜鉛が含まれていますが、この量が減少すると性欲減退、勃起不全、精液減少、精子量の減少など生殖に関する問題が出て来ます。
最近、性欲そのものが無いという人や避妊をしていないのに子どもができないという人は、もしかすると亜鉛が不足してしまっているのかもしれないのです。
成人男性の体内には2gの亜鉛が存在していると言われていますが、その中で一番亜鉛を必要としている臓器は精巣や前立腺だからです。

 

2gと言えば、2,000mgということになります。男性が一日に摂取した方がいいと言われている亜鉛の量は厚生労働省からの推奨量は12mgと言われています。

精液を増やすには欠かせない成分

亜鉛・ムチン・アルギニン・セレン、これらの成分は精液を増やすには欠かせない成分と言われています。
特に亜鉛は、精液の量を増やすはたらきがあるので、一番重要な成分であることは確かなのです。
牡蠣や牛肉、レバー、カニ缶、あなごなどに含まれています。

 

ムチンという成分も同様に精液を増やすためには必要な成分です。
昔から言われる精力のつく食べ物にはムチンが多く含まれています。いわゆる、ねばねば系の食品です。
納豆、山芋、おくらなどがムチンを多く含む食べ物です。

 

アルギニンも精液というより精子の量や運動量を高める成分として注目されています。
大豆、えび、牛乳などがアルギニンを多く含む食べ物です。

 

セレンは活性酸素から精子そのものを守る役割を果たしています。活性酸素はタバコやストレスなどで発生しやすくなりますので、中年期以降で妊活を行っている人には重要な成分です。
主に魚介類に含まれています。かつおやあじ、わかめに含まれています。

 

昔からこの食べ物は身体によいと言われて来たものの多くは、やはり生殖という意味あいでも効果があるという意味を含んでいるのでしょう。
男性の精液の量が増えて、精子の量が増えないと妊活も行えません。

 

男性不妊サプリってなに? 

参照リンク

男性不妊サプリ・・・亜鉛サプリは救世主!〜男性不妊編〜

テストステロンを増やすには?

テストステロンを増やすことも生殖に関することでは必要です。性欲や勃起力に関係しています。
では、テストステロンってどのようにすれば増えるものなのでしょうか。

 

【ストレスをためないようにする】
ストレスをためると、テストステロンの分泌量は減少します。テストステロンの減少に一番関係しているのは、ストレスだと言われています。
勃起力の無い男性に話を聞くと、だいたいが何らかのストレスを抱えているということが分かります。誰しも少しのストレスはあるとは思いますが、それが大きくなるとテストステロンにも関係してくるのです。

 

【栄養バランスの取れた食生活】
やはり、食べたもので生命維持が行われていることからも分かるように、栄養バランスは大切なのです。多品目を上手に食事に取り入れることが必要です。
テストステロンの減少を食い止めるためにも、バランスの取れた食生活が重要だと言われています。肥満にならないような食生活が大切だということも言われています。

 

【運動をする】
運動不足の男性は先ほどの肥満ということにも関係してきますが、代謝が下がってしまうのでテストステロンの分泌量が増えないということになります。

 

総合的に、よく活動をして栄養のあるものを食べるストレスの少ない生活をすれば、テストステロンを分泌することができるというわけなのです。

亜鉛サプリメントに丸投げ

亜鉛が精液の量そのものに大きな影響がある、精巣や前立腺に亜鉛が多く含まれているということが言えるのですから、やはり亜鉛の摂取なくして男性の性の問題の解決は難しいと言ってもいいでしょう。

 

そうなると、亜鉛を多く含む食品を摂取するということになりますが、亜鉛を多く含む食品そのものはどうも身近な食品ではありませんし、続けにくそうという結論に達することがほとんどでしょう。
そんなときに見つけたのが亜鉛のサプリメントというまさに救世主と呼べる存在です。

 

あらゆるメーカーから発売されているということではありませんが、いわゆる誰でも知っているメーカーでも発売はされています。
また、有名メーカーでなくても亜鉛という成分にいち早く着目し、開発から発売まで行っているメーカーもあります。

 

亜鉛を多く含んでいると言われている牡蠣、その牡蠣がよく採れるところでは町の人が元気だと言われています。

町の人が常に亜鉛が十分な食生活を送っているからではないか?とも言われています。
しかし、多くの人は牡蠣をそこまで身近に感じることもなく生きていますから、しっかり亜鉛を摂取するのであればサプリメントが一番でしょう。
それも、牡蠣を使って作られたサプリメントであれば安心して毎日続けることができます。